住所
〒169-0071
東京都新宿区戸塚町1-101-1-1階
ご予約・お問合せ
tel.03-6233-7747
WEB予約
MENU

目立たない矯正治療

Unnoticeable

目立たない矯正治療|早稲田駅の矯正歯科医院|早稲田矯正歯科

目立ちにくい矯正装置

セラミックブラケット・ホワイトワイヤー

セラミックブラケット・ホワイトワイヤー

通常、矯正歯科治療では、歯一本一本にブラケットと呼ばれる小さなボタンのような装置を装着し、そこに金属のワイヤーを通して歯を並べていきます。昔は金属製のブラケットが主でしたが、最近は透明なプラスチックの比較的目立ちにくい装置を主に採用しています。ご希望に応じ、歯に馴染む白いセラミック製のブラケットや白いコーティングを施したワイヤーを使用することもできますので、ぜひご相談ください。
ただし、セラミックは硬いため、歯とかみ合うと歯の方が削れてしまうことがあります。また、治療の段階によって、白いワイヤーが使えない期間もあります。

舌側矯正装置(リンガルブラケット)

舌側矯正装置(リンガルブラケット)

歯の裏側に装着するため、装置を表に見せずに治療を行える矯正装置です。リンガル矯正などとも呼ばれます。目立ちにくいため、成人の矯正が増えるにつれて需要が高まっています。表側矯正と比べ技工料などの費用が多くかかり、調整にも技術を要するため、一回の治療時間・全体の治療期間が長くなることがあります。口を開けたときに見えやすい上あごだけ裏側に装置をつけて、下あごは表通常通り表側につける方法(ハーフリンガル)もあります。

マウスピース型矯正

マウスピース型矯正

透明なマウスピースタイプの矯正装置です。当院ではインビザラインやアソアライナー等を使用しております。ブラケットやワイヤーを使用しないため、矯正治療をしていることはほとんど気づかれません。マウスピースを決められた期間ごとに新しいものに付け替えていくことで歯並びを改善していきます。マウスピース型矯正はおすすめできる場合とそうでない場合があります。一般に、でこぼこが大きい方、歯が大きく前に出ている方、上下のあごのずれが大きい方など、歯を動かす量が大きく複雑な症例には向かないと言われています。

マウスピース型矯正をおすすめできる人、できない人

おすすめできる人

  • 非抜歯症例で、以下の要件を満たす症例

    • 軽度の空隙を有する症例
    • 軽度の叢生で歯列の拡大により咬合の改善が見込まれる症例
    • 大きな歯の移動を伴わない症例
  • 矯正治療終了後の後戻りの改善症例
  • 抜歯症例であっても歯の移動量が少なく、かつ傾斜移動のみで改善が見込まれる症例
  • 金属アレルギーを有する症例

おすすめできない人

  • 抜歯症例

    • 犬歯が遠心傾斜している症例
    • 前歯部が大きく舌側傾斜している症例
    • 歯の大きな移動を必要とする症例
    • 大きな回転、圧下・挺出を必要とする症例
    • 患者の協力度が低い症例
  • 乳歯列期、混合歯列期で顎骨の成長発育や歯の萌出の正確な予測が困難な症例
  • 骨格性の不正を有する症例

    ※公益社団法人日本矯正歯科学会HPより抜粋